葉酸は妊娠の確率も上げる?

赤ちゃんの生育や妊娠の維持に役立つからこそ、葉酸は流産のリスクを下げると考えられています。
この事実を知ると、妊娠しにくい人が妊娠しやすい体を作るにも葉酸は役に立つのでは?と考える方も少なくはないでしょう。

 

ですが残念ながら葉酸には、妊娠の確率を高めるようなサポート力はありません。
全くないのか?と言われると言葉に詰まる面がありますが、あくまでそのような効果が期待されている栄養素ではありません。

 

もし葉酸を飲むことで妊娠の確率を上げたいと考えるのであれば
葉酸を摂って欲しいのは母親となる女性ではなく、むしろ旦那様である男性の方だったりします。

 

葉酸には、細胞分裂を正常に促すという作用が確認されていますので
男性の積極的な葉酸の摂取は質の良い精子を作るために役立てることができます。

 

また、流産の一因には染色体異常というものもあります。
染色体の異常を持つ受精卵は生命にとっては失敗と認識され、流されてしまう確率が高くなってしまいます。

 

葉酸には染色体異常がない健康な細胞を作る上での役割も果たす力がありますので
妊娠を望む女性だけでなく、男性にも認知しておいて欲しい栄養素と言えるでしょう。